HOME>Column>歯列矯正が失敗してしまう原因とは?失敗しないコツを知っておこう

歯列矯正が失敗してしまう原因とは?失敗しないコツを知っておこう

矯正

アフターケア不足で元に戻ってしまうことも

アメリカなどの外国の影響からか、最近では日本でも歯並びを綺麗にするために、歯列矯正をする方が増えてきました。しかし、外国のように歯列矯正が当たり前の世の中にはなっていないため、間違ったまま治療を続けると、綺麗にならずに失敗したと感じてしまうことがあります。そして、苦労して歯列矯正を終えて綺麗になったとしても、ケアをしっかりとやらなかったために、もとの歯並びに戻ることもあるので注意をしなければいけません。高いお金を出すので、失敗するのは絶対に避けたいと考えるなら、評判のよい審美歯科があるクリニックを探しましょう。そちらでドクターにしっかりと相談した上で、歯列矯正をおこなえば、失敗する可能性は限りなくゼロになります。

治療

痛みが我慢できないときは医師に相談

歯列矯正は、歯の位置を強制的に移動させるため、ある程度の痛みは覚悟しなければいけません。しかし、耐えきれないほどの傷みがあるというのなら、無理をせずにドクターに相談するようにしましょう。とくに徐々に和らぐはずの痛みが続くのなら、早めにドクターに伝えて、対処をしてもらう必要があります。中には失敗したくないからといって、我慢する方もいるでしょうが、おかしな痛みは不具合の可能性も捨てきれないので、ドクターに判断してもらったほうがよいです。なお、治療後には痛み止めを処方してもらえるので、痛みに弱くて治療に不安を感じている方も安心しましょう。もちろん、ドクターに聞けば、痛みの程度も教えてくれるため、怖がることなく歯列矯正を受けられます。